宮本武蔵名場面集 (朗読:徳川夢声)
宮本武蔵名場面集 (朗読:徳川夢声)
商品形態:◎CD6巻(12枚)組 ◎特製収納ケース
価格:19,440円(税込)
カートに入れる

剣豪の生と魂を描きつくした吉川英治の国民的長編時代小説「宮本武蔵」。ラジオ全盛期に、話芸の大家・徳川夢声がライフワークとして挑んだその至芸は、50年を経た現代でも燦然と輝く。国民文学の最高傑作として空前絶後の人気を博し、幅広く親しまれた吉川英治の大河小説「宮本武蔵」。徳川夢声は、人々の娯楽の中心がラジオであった時代、ラジオ関東(現在のラジオ日本)において「宮本武蔵」全巻朗読に取り組みます。番組は昭和36年から38年まで実に550回におよび、夢声独壇場の〝間〟〝抑揚〟〝律動〟の〝語りの名人芸〟は多くの夢声ファン、また吉川英治ファンをも魅了しました。本企画は番組が遺した膨大な録音から〝一乗寺下り松〟〝巌流島の決闘〟などおなじみの名場面を選りすぐってCD化、達人の語りで映画や芝居を観ているかのような、いやそれ以上の臨場感で、武蔵が、小次郎が、お通が…眼前に現れます。発行・発売:新潮社販売:日本音声保存音源提供:ラジオ日本※原盤老朽化のため雑音や転写(同じ音が小さく繰り返される現象)などにより、一部お聴き苦しい点がございます。あらかじめご了承ください。 ※こちらは新潮社からの仕入商品になります。

商品説明

  • 第一集

    ●DISCI 宮本武蔵の誕生 72:50
    【地の巻】(1)縛り笛 (2)千年杉 (3)樹石問答 (4)光明蔵 (5)花田橋
    武士になろうとして逆に徳川方のお尋ね者となってしまった武蔵は逃亡の末、沢庵和尚に捕まる。縛られ、杉の木に吊り下げられながらも沢庵に諭され改心した武蔵は、お通に縄を解かれたのち姫路城に連れて行かれ、書物を読む生活に入る。3年後城を出た武蔵はお通と再会するが、お通を振り切り修行の旅に出る。
    ●DISCII 吉岡道場破り 72:56
    【水の巻】(1)吉岡染 (2)陽なた・陽かげ (3)優曇華
    京都では吉岡清十郎率いる吉岡道場が権勢を誇っていた。当主の清十郎が通う色町には偶然にもお甲、その娘の朱実、そして武蔵と共に武士の道を目指していた又八もいた。武蔵は清十郎が不在の時、道場を訪ね、数人の門弟を打ち負かしてしまう。これが遺恨となり後の武蔵と吉岡一門との決闘につながる。

  • 第二集

    ●DISCI 槍の宝蔵院にて 73:16
    (1)茶漬 (2)般若野
    槍術で有名な奈良の宝蔵院を訪ねた武蔵は、そこで不思議な老僧・日観に出会った。武蔵は宝蔵院の高弟・阿巌を一撃の下に倒すが、その様子を見て日観は「強すぎる、もっと弱くなれ」と諭す。後日、阿巌の仇を討とうとする浪人と宝蔵院の僧侶たちに、武蔵は襲われる。死力を尽くして戦う武蔵を日観は遠くで見守っていた。
    ●DISCII 美剣士小次郎の登場 72:26
    【火の巻】(1)美少年 (2)物干竿
    阿波から大坂に向う船に猿を連れた若い侍の姿があった。佐々木小次郎である。その船には偶然にも吉岡道場の高弟・祇園藤次も乗り合わせていた。藤次が小次郎の不遜な態度に腹を立て、「船の上から海鳥を斬ってみろ」と無理難題を吹っかけるが、小次郎は応酬して藤次を黙らせる。

  • 第三集

    ●DISCI 対決、吉岡清十郎 72:23
    (1)公開状 【風の巻】(2)枯野見 (3)生きる達人
    武蔵と吉岡清十郎との門弟たちとの待ち合わせの日が訪れた。しかし門弟たちとの待ち合わせの場に清十郎はいつまでたっても現れない。そこに清十郎がもう決闘場に一人向かい、武蔵に討たれたという知らせが届いた。門弟たちが草原に駆けつけると清十郎は右腕を砕かれ倒れていた。戦いの後、武蔵は枯野である親子に出会った。当代随一の芸術家・本阿弥光悦と母妙秀であった。
    ●DISCII 伝七郎との果し合い 72:43
    (1)雪響き (2)牡丹を焚く (3)断絃
    兄・清十郎の敵を討つために弟・伝七郎は、三十三間堂で武蔵と果し合いをすることになった。勝負は一瞬の隙をついた武蔵が伝七郎の頭を切り裂いた。しかし、その直後出会った遊女・吉野太夫に武蔵は諭される。「あなたの面には死相が満ちている……」武蔵はその真意を深く胸に刻んだ。

  • 第四集

    ●DISCI 一乗寺下り松 73:33
    (1)生死一路 (2)霧風 (3)菩提一刀
    武蔵はいよいよ吉岡一門との雌雄を決する日を迎えた。吉岡側の名目人は、清十郎・伝七郎兄弟の甥である、まだ幼い源次郎。しかし、その背後には総勢70人の吉岡の門弟たちが控えていることはいうまでもない。武蔵は一人、多勢に無勢……。夢中で立ち向う武蔵は、いつの間にか二刀の太刀を用いて多くの敵を切り倒していた。
    ●DISCII 権之助、母の杖 72:30
    【空の巻】(1)木曾冠者 (2)星の中 (3)導母の杖
    お通が何者かにさらわれた。その行方を必死に探す武蔵は、棒術の修行者・権之助に出会った。お互いに相手を不審な者とみた武蔵と権之助は立ち向うことになるが、やがて誤解は解け、二人でお通を探し始めた。しかし、それもつかの間。二人は修行者同士、対決せずにはいられぬ運命にあったのである。

  • 第五集

    ●DISCI 伊織の弟子入り 72:41
    (1)通夜童子 (2)一指さす天 (3)土匪来 (4)征夷
    武蔵は旅の途中で一人の少年に出会った。伊織である。親を亡くし一人で暮らすことになった伊織を武蔵は弟子にし、しばらくの間、剣を置きその村で暮らすことにした。そんな折、村に山賊が襲来した。武蔵は村人たちの先頭に立って戦う。「剣を持ってわしについて来い。皆の上には鎮守の神がついている」人々は武器を持って立ち上がった。
    ●DISCII 梅軒との死闘 72:41
    【二天の巻】(1)撥 (2)魔の眷属 (3)八重垣紅葉
    神楽を見物していた武蔵は、二本の撥が太鼓を叩くのを見て二刀流を思いついた。その武蔵を偶然にも遠くから見ていたのがお甲である。お甲は祇園藤次とはかり、宍戸梅軒に武蔵を襲わせる。鎖鎌を駆使する梅軒と武蔵の一騎打ちが始まった。梅軒の分銅は右、鎖は左……。武蔵は二刀流の奥義をそこに見、逆襲する。

  • 第六集

    ●DISCI 宿敵、佐々木小次郎 73:35
    【円明の巻】(1)世の潮路 (2)待宵舟 (3)鷹と女と (4)十三日前
    武蔵は小次郎と対決するため、堺港から出発した。お通はお杉と共に武蔵にひと目会おうと船が途中で寄港するのを待ったが再会の願いはかなわなかった。一方、小次郎も武蔵との闘いに備えていた。小次郎の激励に集まった客の中にあって、孤独な小次郎は秘かに遺書をのこす。それぞれが自らの胸に決するものがあった。
    ●DISCII 巌流島の決闘 74:02
    (1)馬の沓 (2)日出づる頃 (3)彼の人・この人 (4)魚歌水心
    武蔵は送り船を断り、ひとり決闘場に向った。小次郎は多くの人々に送られたが、恃むものは所詮自分一人、沖合で神仏の札や手紙をすべて潮に流してしまった……。武蔵が乗った小船が船島に着いたのは陽が中天に差し掛かった時刻である。「遅いぞ、武蔵」「小次郎、敗れたり」。ついに宿命の対決の火蓋が切って落とされた。

商品番号 SOSC0052
発行 新潮社
宮本武蔵名場面集 (朗読:徳川夢声)
宮本武蔵名場面集 (朗読:徳川夢声)
商品形態:◎CD6巻(12枚)組 ◎特製収納ケース
価格:19,440円(税込)
カートに入れる

商品レビュー

商品レビューを投稿してみませんか?
他のカスタマーにあなたの意見・感想を伝えましょう!

商品レビュー、入力フォーム

お名前
評価を選んで下さい
レビューを書く
お名前
評価
レビュー内容

レビューのご投稿ありがとうございました。

ショッピングについて

支払いについて

【クレジットカード】
お使いいただけるクレジットカードVISA、MasterCard、OMC、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club INTERNATIONAL
【代金引換】
代引き手数料300円(税込)

発送について

【送料】
全国一律540円
【時間指定承ります】
午前中、12時-14時、14時-16時、16時-18時、18時-20時、19時-21時

ご注文からお届けまで

地域により異なりますが、在庫商品に関しましては3日程度でお届けいたします。
詳細は出荷メールでご確認できます。

お問い合わせ

【お問い合わせ先】
〒107-0052 東京都港区赤坂2-16-19赤坂イイヌマビル3F
TEL:03-5561-9008 FAX:03-5561-9004
E-mail:ons-shop@mail.onsei.co.jp
【時間指定承ります】
午前中、12時-14時、14時-16時、16時-18時、18時-20時、19時-21時
【営業時間】
10~17時
【休業日】
土・日・祝
※営業時間外のお問合せは翌営業日の対応となります。
詳細はショッピングガイドを参照下さい。
【個人情報の取り扱いについて】
個人情報保護方針を参照下さい。